最近の記事

  1. 2017.2.16

    子宮筋腫の手術後、生理の時の血の量が減った。過少月経ってなに?

    今回の生理時の経血量が明らかに激減しました…。 子宮筋腫の手術をする前に、 「手術の影響で内膜が厚くならない人がいるからね。よく考えて」 と担当医から再三言われていたことが頭をよぎります。 あれは忠告というより予言だった…

  2. 2017.2.13

    なかなか治らないカンジダ菌は腸から治療。乳酸菌はスゴイ!

    繰り返すカンジダには腸からのアプローチが効くことを解説。カンジダ菌についての基本や、カンジダに効く乳酸菌について書いています。 不妊治療をしていると、抗生物質を飲む機会が増えます。 ひょっとすると、抗生物質を飲む度にカン…

  3. 2017.2.11

    副腎疲労と不妊症に関係はあるの?ホルモンと副腎の関係

    「自分で治す!副腎疲労」という本を読みました。 わたしは、低体重、虚弱、疲れやすい、便秘、胃弱、などなど不定愁訴が普通の状態でこれまで生きてきました。しかし、不妊治療を始めてから、少しずつ気力と生活の改善とで対応できるよ…

  4. 2017.2.8

    高齢妊活中なのに、不妊治療を半年間休んだ後のホルモン値

    このブログでは何度も書いていますが、わたしは42歳にして子宮筋腫の手術をし、不妊治療のクリニックに通うのを半年間お休みしていました。 子宮にメスをいれた後、すぐに妊娠してしまうと赤ちゃんの成長とともに伸びていく子宮に、弱…

  5. 2017.1.27

    イソフラボン配合の妊活サプリ、SAZUKARIの口コミレポート

    「どうしてないの?」と思っていた、イソフラボン配合の妊活サプリメントが発売されました。 昨年末に発売された妊活完全ガイド―赤ちゃんが欲しい夢を叶える本というのをチラ見していたのですが、そこに掲載されていました。 イソフラ…

  6. 2017.1.27

    不妊治療の費用を医療費控除に① 確定申告の準備を始めましょうか?

    年が明けたと思ったら、あっという間に確定申告の時期になりましたね。 2017年の確定申告の申告期間はもう始まっています。わたしは今日、今年の申告を終わらせてきました。 今年の「所得税および復興特別所得税・贈与税」の申告期…

  1. 子宮筋腫の手術後、不妊治療が再開できるのはいつから?
  2. いつから飲むの?
  3. 口コミまとめ
  4. 注目をあびるのはなぜ?
ページ上部へ戻る